専門工場細断サービス

ここでは、機密文書処理業者の3つある処理方式の「専門工場細断サービス」について紹介しています。

専門工場細断サービスの特徴

オフィスや事業所から文書を回収後、専門の細断工場にてシュレッダー処理をおこなう方式が専門工場細断サービスです。
自社工場を持つ業者と他社工場へ持ち込む業者があり、自社工場の場合は1社内のみで処理を結することが可能です。

引き取りに来てもらえることから手間がかからず、他社が介入しない高セキュリティという点に安心感があるサービスとなっています。
機密文書の処理専門業者がこの方式を導入しているケースが多く、セキュリティ面は一般的に優れていると言えます。

価格面については、セキュリティレベルとも関係するので業者によるバラつきが大きいですが、専門業者ならではの良心的な価格の業者も存在します。

この専門工場細断サービスを提供している業者は少ないのですが、定期回収や1箱回収などの利便性が良いサービスを提供していることもメリットの1つです。

専門工場細断サービスのデメリット

処理の立ち会いができる業者もあり、セキュリティ面を重視する企業でも安心して利用しやすいのですが、その反面、処理業者がセキュリティ面に力を入れていない場合、それは設備だけでなく、運搬方法や社員など、全体に影響がでやすいため、逆にセキュリティレベルが低いケースも稀にあります。
これがデメリットになります。

「専門工場だから安心」と安易な考えで委託してしまうと、逆に情報漏洩のリスクが高まってしまいます。
ですから、専門工場細断サービスでの処理を挿入したいと考えている企業は、慎重にその業者を調べる必要があります。

専門工場細断サービス セキュリティ 料金 利便性