焼却処理サービス

機密文章処理業者の幅広いサービスのなかの 1つ、「焼却処理サービス」について紹介しています。焼却処理サービスの特徴、問題点などをくわしくまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

焼却処理サービスの特徴

焼却処理サービスは、機密書類などを焼却することによって情報を抹消するサービスです。仕組みはさまざまですが、業者が段ボールを回収し、未開封のまま焼却するシステムになっているところが多いです。

ただし、専門業者が行っているよりも、廃棄物処理業者などが他の廃棄物と一緒に、機密書類の焼却を行っているケースが多く、セキュリティにばらつきがあります。

専門業者が請け負っている場合でも、最終的に処分するのは廃棄物処理業者であることが多く、充分に説明を受けた方が良い場合があります。

焼却処理は、機密書類を焼却することで情報を完全になくすことができます。また、紙媒体以外のCDーROMなどの電子媒体でも処理することができます。

焼却処理サービスのデメリット

一昔前は一般的であった焼却処理ですが、環境に配慮した社会づくりが求められる昨今、ほとんど無くなりました。焼却処理をしてしまうと、リサイクルはできません。

古紙をリサイクルできれば、樹の伐採を減らすことができるのです。また、書類を燃やす際にCO2やダイオキシンなどの有害物質を発生させる問題も出てきます。

環境に配慮している企業であれば不向きな方法ではあります。

焼却処理サービス セキュリティ 料金 利便性