社内で機密文書の処分をする際の注意点

今までのカテゴリでは、機密文書処理業者に焦点をあてて、各ポイントを解説してきました。
ここでは、少し視点を変えて、社内での機密書類の処分に目を向けてみます。

社内で処分をする際は、それなりの問題点や注意点があります。
それは大きく分けると、「社員の過失と不注意、日常業務への影響、処理費用、リサイクル率の低下」の4つに分けられます。
以下のページでは、各項目の問題点について記載しています。
中には、当たり前のようなことも書かれていますが、それを意識するかしないかだけでも十分に情報漏洩の抑止策になり得ます。

どんなことがきっかけで、漏洩や流失などの事件・自己が起きるか分かりません。
しっかりと危機意識を持って、処分するように注意しましょう。