料金

値段が高ければ質の高いサービスを提供しているかと言うと、必ずしもそうとは限りません。
費用対効果に優れるサービスを見極め、目的に合わせて業者を選ぶことが重要です。

基本となる段ボールの大きさここでは、段ボール1箱あたりの料金が安く、かつお得な料金プランを実施している処理業者5社を紹介します。段ボールは、縦45cm、横30cm、高さ30cm、容量20ℓ、A4用紙5,000~6,000枚入る程度の大きさになります。

社名 段ボール1箱あたりの料金 お得な料金プラン
カネナカ
TEL:03-3898-7895
URL:http://www.kanenaka-inc.co.jp/
750円~900円※1
(回収費3,150円別途加算)
定期回収コース
(未開封溶解型)

10箱まで6,000円(1箱あたり600円)
日本シュレッダーサービス
TEL:0120-88-4512
URL:http://www.masshou.com/
1,400円 定例回収コース
毎月5箱まで5,000円の特別コースあり。
オリックス環境
TEL:0120-092-570
URL:http://www.orix.co.jp/eco/
1,575円 紹介店制度
オリックス環境のサービスを紹介し、紹介された側がサービスを利用すると手数料収入が発生する。
山崎文栄堂
TEL:0120-322-881
URL:http://www.bun-eidou.co.jp/eco_top/
1,600円 特になし
ヤマト運輸
TEL:0120-01-9625
URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/b/index.html
1,800円 特になし

※1・・・750円~900円
下記のように、処理方法によって料金が異なるため、このような表記に致しました。
詳細は料金は以下の通りです。

  • 未開封破砕型・・・1箱あたり800円
  • 未開封溶解型・・・1箱あたり900円
  • 検品溶解型・・・1箱あたり750円