セキュリティ

ここでは、セキュリティ体制が充実した機密文書処理業者5社を紹介しています。
掲載項目は以下の通りです。

  • セキュリティに関する特徴
  • 専門業者かどうか
    専門業者だと、社員教育が徹底され、設備や運搬も充実したセキュリティ体制を施している。
    この業界では、物流関係や廃品回収業者が多く、専門業者と比較すると、社員や設備の質は低い。
  • 自社処理工場の有無
    業者の多くは、製紙メーカーの溶解処理工場を共有している。製紙工場では、生産調整を行ったり、多数の業者が出入りしているため、処分されずに別施設で保管されている機密書類も多く、総じてセキュリティレベルは低い。その点、自社工場がある業者は、迅速で確実な処理が実現しやすい。

以上の点を総合的に考慮し、5社選定しました。
さらに詳しい情報を知りたい場合は、各社に問い合わせをするか、もしくはホームページをご覧下さい。

社名 セキュリティの特徴 専門業者 自社工場
日本シュレッダーサービス
TEL:0120-88-4512
URL:http://www.masshou.com/
自社工場には、静脈認証システム複数の監視カメラがあり、スタッフ以外は入れない。即日処理などの緊急性の高い依頼にも応えることが可能。トラブル防止のため、常に2人体制で回収作業を行う。ISO27001(※1)取得済み。
日本パープル
TEL:03-3479-1201
URL:www.mamoru-kun.com/
現金輸送車並のセキュリティを誇るトラックで運搬される。また、GPSを搭載しているため、万が一のトラブルにも迅速に対応できる。処理施設も監視センサー等が配備され、充実している。創業以来、漏洩や流失などのミスは0
デルエフ
TEL:03-3891-4377
URL:http://www.del-f.co.jp/
55年の実績がある老舗。最小人数で処理を行うため、機密性は高い。管理体制や機密保持が整備されている証であるプライバシーマーク(※2)も取得しているため、外部からの評価も優れている。スタッフは個人情報保護士(※3)の認定を受けている。
オリックス環境
TEL:0120-092-570
URL:http://www.orix.co.jp/eco/
回収した書類は原則即日に溶解処理される。また、別途料金を支払うことで、専用のセキュリティプランを受けられる。具体的には、警備会社の輸送車が使用可能で、貴重品運搬警備1級又は2級保持者(※4)のスタッフが2人体制で回収・警備を行うなど。
ヤマト運輸
TEL:0120-01-9625
URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/b/index.html
特殊形状の専用段ボール箱(無償提供)を使用して誤廃棄を防止。集荷から溶解処理工場までヤマト運輸1社で輸送する。処理工程ではヤマト運輸の社員が責任をもって立ち会い、処理の履行を確認する。
  • ※1・・・ISO27001
    日本語では「情報セキュリティマネジメントシステム」。組織内の機密情報を漏洩させないことを目的とした社内体制を整備するための国際規格のこと。
  • ※2・・・プライバシーマーク
    個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者(企業)に対し、財団法人日本情報処理開発協会により使用を認められる登録商標のこと。
  • ※3・・・個人情報保護士
    個人情報保護法に従った個人情報の概念や保護体系的な理解や、企業実務において個人情報の管理・運用を行うことのできる知識や能力に関して出題される「個人情報保護士認定試験」に合格した者に与えられる資格のこと。
  • ※4・・・貴重品運搬警備1級又は2級
    貴重品の運搬に関する知識や機密保持と危機管理技術のノウハウを身に付けるための講習を受け、一定水準以上の者であると公安委員会に認められた資格のこと。