アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

TOP » 処理業者の廃棄方法を検証

処理業者の廃棄方法を検証

このカテゴリでは、機密文書処理業者が行う「書類の廃棄方法」について調査しています。

企業内には「絶対に外部へは漏らせない秘匿性の高い情報を記した書類」や「個人情報が記載されているため、そのままでは処分できない書類」があるものです。電子化の進んだ近年ではペーパーレス化も進んでいますが、やはり紙には「形に残る」というメリットがあるため、完全になくなるということはなさそうです。

しかし蓄積された機密文書を、内部スタッフが1枚1枚シュレッダーしているようでは、かなり非効率。そこで依頼が検討されるのが、機密文書の処理業者というわけです。ひと口に「機密文書処理業者」と言っても、そのサービス内容はさまざまです。中でも気になるのは、肝心な書類の処理方法。本カテゴリではその代表例について調べた、以下のページを設けました。

出張シュレッダーサービス

出張、と言っても派遣スタッフが社内シュレッダーを使用するわけではありません。業務用の高性能シュレッダーを搭載したトラックが到着し、担当者の目の前で作業を行ってくれるというメリットがあるのです。ただしコストはやや高め。

出張シュレッダーサービスを詳しく見る>>

溶解処理サービス

製紙工場に設置された大型機械で、機密書類を段ボールごと溶解させてしまう方法。中身の判読が不可能になるのはもちろん、リサイクルにも貢献できます。しかし、セキュリティ面に一抹の不安が…。

溶解処理サービスを詳しく見る>>

専門工場裁断サービス

機密文書の処理として、最も手堅い選択と思われるのが、こちらの方法です。回収から運搬、そして書類の処理までをワンストップで依頼できるので、安心感が違います。しかし、こうした設備を整えている業者はどのぐらい存在しているのでしょうか?

専門工場裁断サービスを詳しく見る>>

焼却処理サービス

法規制により、近年はあまり見かけなくなった「たき火」は、機密処理に最も適した方法と言えるかもしれません。こちらのサービスは専門施設での焼却を実施。ただしサービス全体のセキュリティや価格には、バラつきがあるようです。

焼却処理サービスを詳しく見る>>

ぜひ各ページの内容に目を通してみて下さい。そして、より良い処理方法を提案する業者を選ぶために、お役立てくださいね。

項目別で選ぶ機密文書処理業者

セキュリティ重視

機密情報の量が多い企業に

詳しく見る

料金重視

定期的に委託したい企業に

詳しく見る

利便性重視

迅速な処理を頼みたい企業に

詳しく見る

サイトマップ