アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

TOP » 処理業者の廃棄方法を検証 » 溶解処理サービス

溶解処理サービス

機密文書処理サービスについて調べていると「溶解処理にて機密書類を処分」という表現を見かけることが多いのではないでしょうか。ここでは、機密文書処理業者の3つある処理方式のうち、比較的よく知られているであろう「溶解処理サービス」について、特徴やメリット・デメリットを紹介しています。

溶解処理サービスの特徴

業者が段ボールを製紙メーカーの溶解工場へ持ち込み、未開封のまま段ボールごと溶解する、それが溶解処理サービス。「パルパー」という大型機械で、紙ゴミを処理する方法です。パルパーはミキサーのようなかたちをしており、書類を水と共に投入することで、バラバラの繊維状になるまで裁断してくれます。紙は水と攪拌の力でドロドロになるため「溶解」という表現が使用されますが、工程で特別な薬剤などを用いるわけではありません。

多くの機密文書処理業者が用いている一般的な方式で、ホチキスやクリップ程度の金属は作業の支障とならないため、そのままの状態で処理に出すことが可能。機密文書に書かれた文字や文章は、溶解処理を施されることで、完全に判読不能となります。

また溶解処理の場合、紙の繊維質が傷つかないため、全体量の90%程度を、再生紙としてトイレットペーパーなどにリサイクルできます(シュレッダーでは紙の繊維質が傷ついてしまうので、再生はできません)。業者によってはどの程度の量がリサイクルできたのか算出してくれますので、依頼者は必要に応じて「環境活動に貢献した」と公表できます。

溶解処理サービスのデメリット

一般的な方式ではあるものの、回収業者と処理業者が異なる場合が多く、セキュリティレベルでは、3つの処理方式の中で一番低いと思われます。処理されるまでに複数の業者が入るケースもあり、介する中間業者が増えるほどに機密性が薄れ、セキュリティの低下に繋がるのです。

また、持ち込み先の製紙メーカーにとっては、機密文書も普通の古紙も同じリサイクル資源という認識が多く、製紙メーカー側が手間をかけて処理を優遇することはあまりありません。古紙のストックが増えたり、溶解機のメンテナンス時には、他の古紙と一緒にそのまま保管され続けるということも稀にあります。だから、情報セキュリティ認証ISO27001を取得している製紙メーカーも極少数となっているのです。

同様に、製紙メーカーにとっては、機密文書処理を専門に扱っているわけではないため、従業員の教育や設備のセキュリティレベルが十分でない可能性もあります。手軽で一般的な処理方式ですが、一定以上のセキュリティを期待するためには、十分な検討が必要になるでしょう。

機密文書処理を請け負う業者の中には、自社工場を持ち、改修から処分までをワンストップで行うところもあります。機密性の高い文書を大量に処分したい場合には、そのような専門性の高いのプロを検討するのもおすすめです。

セキュリティなど重視したい項目で選んだ
おすすめの機密文書処理業者はこちら>>

溶解処理サービス セキュリティ 料金 利便性
項目別で選ぶ機密文書処理業者

セキュリティ重視

機密情報の量が多い企業に

詳しく見る

料金重視

定期的に委託したい企業に

詳しく見る

利便性重視

迅速な処理を頼みたい企業に

詳しく見る

サイトマップ