アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

TOP » 社内で機密文書の処分をする際の注意点 » 日常業務への影響

日常業務への影響

ここでは、社内処分の注意点「日常業務への影響」について紹介。面倒なシュレッダー処理が、社員に与えるストレスをはじめ、ビジネス効率にどう影響するかを詳しく解説しています。

潜在的に不満やストレスが蓄積する

経営陣や管理者にとっては重要項目の一つとなる機密文書の処理も、手間がかかる面倒な作業と思って処分している社員もいます。日々の業務をしながら、ファイルのクリップやホチキスを一つ一つ外し、時間をかけて数枚ずつシュレッダーにかけなければならない側にとっては、時間の無駄に見えるのは仕方がないことなのです。

実際、シュレッダーをかける際だけではなく、シュレッダー屑を焼却に出すのもかなり面倒。紙詰まりなどを起こしてしまった時には大変です。また、シュレッダーは社内のスペースを取りますし、騒音が気になるという人もいらっしゃるようです。忙しい時ほど「避けたい作業」となり、各種の社員意識調査においても負担作業として必ずシュレッダー作業が挙げられています。

しかし、廃棄業務を社員の評価や成績に繋がることはほぼ皆無なので、その処理作業を強いられるほど、不満やストレスの温床となることを認識しておかなければなりません。

ビジネス効率の低下に注意

破棄作業にかかる稼働と時間は、そのまま業務時間を圧迫していることも無視できません。

社員がシュレッダー作業に不満を感じている場合、仕事に対するモチベーションや業務への取り組み方に悪影響が出る可能性があります。
このような負担から、ストレスを受けることで業務に影響を及ぼしてしまうと、企業としてのビジネス効率低下に繋がってしまいます。

コスト面から見てると、シュレッダー作業にかかる直接的な人件費に加え、業務効率の低下による間接的な損失や、ビジネスの機会損失の発生が挙げられます。

外部へ機密文書の処理をアウトソーシングする場合のコストと比較するには、単に処理費用だけを見るのではなく、間接的な損失や社員に対する職場環境の改善といったビジネス効率を含めて見比べる必要があります。

項目別で選ぶ機密文書処理業者

セキュリティ重視

機密情報の量が多い企業に

詳しく見る

料金重視

定期的に委託したい企業に

詳しく見る

利便性重視

迅速な処理を頼みたい企業に

詳しく見る

サイトマップ