アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

TOP » 優良処理業者の見極めポイントと選び方 » 価格相場

価格相場

ここでは、機密文書処理の優良業者の見極め方「価格相場」について解説しています。

幅の広い価格相場

シュレッダー

困ったことに、この業界は単純に価格で比較はできません。
その理由を以下で説明していきましょう。

まず、処理方式が異なることで、料金は異なります。
出張シュレッダーサービスは出張にかかる基本料金が高く設定されているため、トータルでも高額となります。一定の処理量を超えれば、従量制としている業者もあります。
溶解処理サービスと専門工場細断サービスは、処理過程が似ていることから、料金体系も似ており、重さや1箱単位での価格設定が一般的です。

さらに同じ処理方式でも、業者によって価格相場に大きな幅ができています。
ダンボール1箱で数百円のサービスから2,000円を超えるサービスまでといった具合です。
また、処理料金の他にトラック手配費用や書類の搬出作業費用が別に請求されたり、最低料金が決められていたりします。しかも、料金一覧を表示していない業者も多いのです。
単に料金だけを並べて、安ければ良いと判断するには難しい業界と言えますね。

出張シュレッダーサービスの相場

出張シュレッダーサービスは、言うまでもなくシュレッダー車で現場に向かい、その場でシュレッダーにかけます。ですから、出張シュレッダーサービスの最低料金は、出張費用を含む点がポイント。

そのため、料金は箱単位ではなく重さ単位になっていることが多く、重さや50kg以下、100kg以下などを最低単位とし、1回8,000万円程度からという業者が多いようです。

ダンボール1箱から出張シュレッダーサービスを活用することは可能ですが、処分料が少ないほど単価は高くなってしまいます。そのかわり、処分料が多ければ箱あたりの単価はもちろん安くなり、ダンボール10箱程度になると1箱あたりの単価は溶解処理サービスより安くなるケースが多くなります。

最も安い業者は、エコ・シュレッドサービスで出張費・車輌費・回収費・処分費 すべて込みで基本料金がダンゴール一箱(約15kg)1,890円です。

ただ、エコ・シュレッドサービスに限らず、どの業者でもサービス区域外になると料金は要相談になります。またシュレッダー車を止めて作業するスペースが必要なので、駐車場がない場合は有料駐車場の費用も掛かります。

溶解処理サービスの相場

ダンボールを丸ごと溶解処理してくれるサービスで有名なのは、ヤマト運輸や佐川急便など、流通業者が展開しているサービスでしょう。こうしたサービスは料金がはっきりしている点が特徴です。

金額はどのくらいかというと、処理費用と回収費用、証明書発行費用を含んで全国どこでも1箱1,500円程度が相場になっています。それよりも安い場合は、箱代が別料金というところが多いので、相場はさほど変わりません。

流通業者以外の箱ごと溶解処理サービスを行っている業者の場合は、溶解処理を行なう工場からの距離によって送料が変わるので定額とはいきません。回収サービス区域内であれば、流通業者系の箱ごと溶解処理サービスよりも安くなることが多いのですが、郵便や宅配便などを使って輸送する必要がある場合は高くなり、また距離が遠くなるほど高くなります。

専門工場細断サービスの相場

専門工場細断サービスを行っている業者は少なく、費用を明記している業者も少ないため、相場はわかりませんでした。参考までに、サービス費用を公開している業者2社の費用を紹介します。

デルエフは回収・裁断費用を含めてスポット1箱980円からのサービスがあります。廃棄証明書、ダンボール代込のスタンダードプランは1,380円から。

竹下産業が行っているT-CUBEというサービスではベーシックプランで1箱1,500円からとなってます。

この2社だけで見ると、溶解処理サービスと同程度か、若干安いようです。ただ、溶解処理サービスのように全国一律料金という業者はないようです。

>>格安で依頼できる機密文書処理業者はこちら

安全のために支払う料金

小売業とは異なり、何のために料金を支払うのか理解していないと、安さばかりに目がいってしまいがちです。

具体的には、機密性を保持するために、どのような設備や労力をかけているかといったセキュリティレベルと、対応スピードや回収量といった利便性が満足できる基準なのか考慮した上で、料金を判断する必要があります。

セキュリティは低く、安価な業者もいれば、平均的な価格で高セキュリティと利便性を提供してもらえる業者もあります。
当然、高価格なのに低セキュリティといった詐欺に近いような業者も存在します。

価格だけで選ぶのは危険性が高く、セキュリティや利便性とのバランスを見極めることが大切です。

>>セキュリティレベルが高い機密文書処理業者はこちら

セキュリティとコストパフォーマンスが高い機密文書処理業者3選

業者

機密文書処理業者を選ぶ際に最重視すべきはやはり、セキュリティの高さ。それを判断する材料のひとつとなるのが、情報セキュリティに関する国際規格「ISO27001」です。この規格を取得し、なおかつコストパフォーマンスにもすぐれた3業者をご紹介します。

日本シュレッダーサービス★クライアント

創業80年の実績を誇る、書類廃棄の専門家。プロの専門スタッフが回収から処理までを一貫して担当、4台もの大型シュレッダーを自社工場に導入しており、自社工場内で機密文書を完全抹消するシステムなので、外部委託になることは一切ありません。スタッフは全て正社員で、会社との間で「秘密保持誓約書」を締結。

システム面でも人的な面でも、安全性の高さは抜群と言えます。手配は電話一本でスピード対応&処理。翌日以降の対応が基本ですが、急ぎの場合は当日手配も相談できます。回収料金は1箱40リットルサイズで1回1,400円。郵送回収は10リットルサイズ (14L以下)1箱で1,300~1,600円。40リットルサイズ月10箱まで10,000円の定例コースや、月5箱まで5,000円の定例ハーフコース(※ハーフは東京23区限定)もあります。

(※料金はいずれも税別)

日本シュレッダーサービス★クライアントについて詳しく見る

山崎文栄堂

アスクル正規取扱販売店でもある山崎文栄堂が誇るのは、機密文書処理BOX「エコポイット」。エコポイットはシュレッダーではなく、バインダーやクリップ・ホッチキスつきの書類などもそのまま投入できる画期的なボックス。エコポイットに投入された機密書類は、身分証明書を携帯した専門の回収員が回収し、24時間以内に溶解処理工場に運ばれ、溶解処理後は溶解処理証明書も発行されます。

回収料金は、容量60kg~のエコポイットが1回5,000円。容量40kg~のDポイットおよびDポイットプラスが1回4,000円。随時、初回無料キャンペーンなどを実施していますので、そのタイミングを狙うとお得です。(※導入時に設置費10,000円が必要となります。)通常の段ボールでの回収も取り扱っており、こちらは1箱1,600円となります。

(※料金はいずれも税別)

山崎文栄堂について詳しく見る

日本通運

日本通運の機密文書処理は、機密書類をダンボールごと未開封のまま溶解処理を行うというシステム。クリップやホッチキスなどを外す必要なく、そのまま専用の箱に詰めて回収してもらえます。

荷物が通過する各ポイントで貨物1個ごとにその存在をチェックしているので、回収から処理工場までの輸送状況がきちんと把握でき、溶解処理後は証明書の発行もしてもらえるので安全性・安心感もバッチリです。

回収料金は、縦31cm×横44cm×高さ27cmのエコリサイクル便1箱で1,870円。2箱以上は単価の割引があります。(※別途専用段ボール台350円、同サイズまでの段ボールを用意して使うことも可能)

縦35cm×横28cm×高さ7cmの専用箱を使うエコリサイクル@ミニは、施錠可能な専用段ボールつきで1箱1,020円。こちらも2箱以上は単価の割引があります。

(※料金はいずれも税別)

日本通運について詳しく見る

機密文書処理サービスの不安要素

輸送中のトラブル

出張シュレッダーサービス以外は、処理を行なう場所まで機密書類を移動する必要があります。

輸送中に機密書類が紛失するリスクは、業者によって異なります。以前、機密書類を運送中に落下させてしまい、回収できなかったという事故がありました。この業者のセキュリティ意識が甘かったというのはもちろん問題があります。ですが、その業者に処分を頼んだ業者も甘かったということです

輸送に関してもセキュリティ意識の高い業者では、機密書類を入れたボックスに鍵やGPSを取り付けて、紛失リスクに備えることができる業者もあります。もちろんこうしたサービスは安全を買う」わけですから、料金は高くなります。

機密文書処理のサービスは、値段だけで判断はできません。利用する側もしっかりその業者の安全性を調べて、価格とサービス、両方の面で納得のいく業者を探してください。

自社工場を持たない業者はリスクが高い?

自社工場であれば、自社の責任でセキュリティレベルを上げることができます。ですが処分を委託する業者ですと、本当はどこまで安全なのかが利用者にはわかりにくくなります。

自社工場を持たない業者を利用する場合は、どこで処分しているのか確かめてみましょう。委託先がずさんであれば当然リスクは高まります。

溶解処分できない廃棄品のセキュリティ

バインダーやホッチキスの針などをそのまま箱ごと処分できるのが溶解処分です。ですが溶解できない紙以外のものに機密性がないかを確かめてみましょう。

紙はしっかり溶解してくれても、リサイクルできない廃棄となる部分のセキュリティはいがいとまちまちです。業者によっては、産業廃棄物として処分するまでそのまま外に放置という可能性もあります

そしてもちろん利用者側は、CDやディスクなど、紙以外の形で機密情報が入ったものをそもそも入れないことも重要でしょう。

社員が情報を持ち出せない仕組みになっているか

情報流出事件には、情報を管理する企業の社員が関わっていることも多いでしょう。処分を行なう工場から、社員が文書を持ち出せない仕組みになっていることもセキュリティ上では非常に重要になります。

出入り業者が入れない仕組みになっているか

溶解処理を行っている製紙工場で起きた事件です。機密文書ではありませんでしたが、製紙業者で溶解処分予定の印刷物が出入り業者から盗難されたという事件がありました。溶解処理を行なう場所に第三者が入り込めない仕組みがあるか確認してみましょう。

溶解処理で箱が開封される可能性は?

箱ごとできる溶解処理は、パルパーと呼ばれる機械にダンボールごと投入し、撹拌しながら解読できないレベルまで機密文書を分解する仕組みになっています。

このパルパーには禁忌品があります。写真やフィルム、リサイクルできない特殊な用紙などは、再生紙として使い物にならなくなったり、パルパーをストップせざるを得なくなるような危険のあるものです

こうした禁忌品が入っていると、箱を開封して排除しなくてはいけない、というのは考えるまでもないでしょう。箱を開封する可能性があるとしっかり明記している業者は少ないようですが、溶解できないものが入っている危険があるダンボールは開封される可能性があります。

ですから、どのような場所で、どんな手順でパルパーに入れられるのかを確かめてみてください。セキィリティがしっかりしている業者を選べば、開封されたとしても持ち出せません。またサービスの内容を利用する側がしっかり理解し、開封される可能性を下げるはもちろん必要です。

サービスと金額の折り合いを付けるには、機密文書のレベルを考えて

機密文書処理サービスを利用する動機は様々です。

例えば、個人が個人的な感情で見られたくないと感じるものを処分したい、というケースもあるでしょうし、特定個人情報など、法的に決して流出してはいけない情報を処分する人などです。

文書のセキュリティレベルに合わせて、利用するサービスを選びましょう。

コストパフォーマンスが高く信頼できる機密文書処理専門業者はこちら≫

項目別で選ぶ機密文書処理業者

セキュリティ重視

機密情報の量が多い企業に

詳しく見る

料金重視

定期的に委託したい企業に

詳しく見る

利便性重視

迅速な処理を頼みたい企業に

詳しく見る

サイトマップ