アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

アウトソーシングで情報漏洩リスクを防止!

安心できる機密文書処理業者の選び方 » 書類処分にかんするQ&A » オフィス移転で注意すべきポイントは!?

オフィス移転で注意すべきポイントは!?

このページでは、オフィスを移転する際に注意したい機密文書の処分について、抑えるべき基本とポイントを解説しています。

オフィス移転時のセキュリティ問題とは

オフィスの移転で注意したいのが、重要な機密文書をあやまって廃棄してしまうことです。

社員や顧客の個人情報をはじめ、取引内容や会社の経営に関わる機密情報が記載されている書類が外部に漏えいすれば、会社の信頼を失う事態になりかねません。同時に「個人情報保護法」にも気をつける必要もあります。

移転中は人の出入りが多くなるため、機密文書が意図的に持ち出される可能性が高まります。機密文書の運搬や処理に対して特別な注意を払うべき状況なので、作業フローを作成しスタッフに周知徹底するなどの配慮が必要です。

オフィス移転時の書類の処理方法は?

オフィス移転時の書類の処理方法として、どのような対策をたてるべきでしょうか。

荷物の管理は専任の担当者を

オフィス移転時に機密文書を誤って廃棄してしまうトラブルがあります。機密文書を詰めた段ボールがしっかりと管理されておらず、「その他の処分品を詰めた段ボールと一緒に運ばれてしまった」といったケースが珍しくありません。

そのため、機密文書を詰めた段ボールは「その他の段ボールと同じ場所に置かない」「搬出の際はチェックを受ける」といったルールを定めることはもちろん、より望ましい対策として専任担当者を決めておくことが重要です。担当者が責任を持って管理することで、処分や紛失のリスクを減少させられますし、施錠管理など細かな対応も可能になります。

処理・廃棄では専門業者の活用も

まとまった処分品と一緒に機密文書を処分する方法は、情報漏えいのリスクが高まります。シュレッダーでの裁断をはじめ、再生不可能なかたちで最終処分を行うようにする必要があります。

処分すべき機密文書が大量にある場合は、専門の処分業者に依頼するのがおすすめです。忙しい移転時に社内の人手を取られなくて済むことはもちろん、しっかりと責任を持って処分してくれるのも安心できる要素です。

オオフィス移転のために準備しておくことは?

オフィス移転に向けて準備しておくべきことには、どのようなものがあるのでしょうか。

書類の廃棄ルールを定めよう

オフィスの移転日が近づいたら、段取りのひとつとして、書類の廃棄に関わるルール決めを行い、社内で共有しましょう。紙類のゴミとして処分できる書類を置く場所と、機密文書として業者に依頼する書類を置く場所を分けるなど、明確でわかりやすいルールを定めておくことが重要です。

管理担当者を決めよう

機密文書の処理を中心に作業する専任担当者を決めましょう。当日は忙しくなりがちなので、2人体制ですすめるのも良い方法です。

チェックシートを作成しよう

機密文書を確かに搬出できたのか、搬出側(オフィス)から搬入側(トラック)に移動した際のチェックも必要です。都度照会できるよう時間帯も記載できると便利でしょう。

項目別で選ぶ機密文書処理業者

セキュリティ重視

機密情報の量が多い企業に

安心3社はこちら

料金重視

定期的に委託したい企業に

安く頼める3社はこちら

利便性重視

迅速な処理を頼みたい企業に

最短当日OKの3社はこちら

サイトマップ